スマホを水没させてしまったら…

水のある所は水没の危険性と隣り合わせです。

水没修理ではお風呂やトイレで落としてしまった例は意外と多くあります。

ではスマホを水没させてしまったらどうすればいいでしょうか。

電源を切る

例えばお風呂など、水に落として沈めてしまったらすぐに電源を落としてください。
通電状態のスマホ内部に水が侵入すると基盤がショートする原因となります。

しっかり水を拭き取る

水から引き上げた後も油断はできません。
水で濡れた本体の隙間から水が浸入する可能性はまだ十分にあります。
本体を振って水を払うと内部で水が広がってしまう可能性があるので
タオルで優しく拭きましょう。

バッテリーが外せる機種はバッテリーを外し、SIMカードも取り出して水気を拭き取りましょう。

忘れてしまいがちなイヤホンジャックや充電端子の水も綿棒などで拭き取ってください。

乾燥させる

風通しがよく日差しの当たらない日陰で4日ほどしっかり乾かすことが大切です。

 

バックアップを取る

乾燥が済んだら電源を入れ、すぐにバックアップを取ります。
基本的にどんなスマホも水没復旧したものは長期で使うことはお勧めできません。
復旧しても一時的なものであったりと、いつ使えなくなってしまうか分からないのです。

このような時のために普段からこまめにバックアップをすることも大切です。

まとめ

たしかにネットには沢山の対応方法があり、自分一人で解決できることもあるかもしれません。
ですがネットの情報通りに対処をしたとしても動作に不具合や、液晶がつかなくなることはあります。

その場合は無理をせず、アイエフシー立川店へお持ちください。

その他、数日間も乾燥させている時間がないという方や、水没したスマホが無事なのかの判断ができない方も当店へお越しください。
水没診断を行い、詳しい説明と適切な処置を提案致します!