マルチタスク画面

皆さん慣れ親しんだiPhoneのアプリを終了させる時に見る画面「マルチタスク画面」

ホームボタンが廃止されてからは下からのスワイプで表示させるようになりましたね。

慣れないとホームボタンを探してしまいそうになります。

ホームボタンと3D Touch機能が実装されているiPhoneではもう1つの方法でアクセスすることができます。

他にもアクセス方法があった

お馴染みの3D Touchでアプリのショートカットを表示したりすることができます。

だいたいはホームボタン2度押しで済ませてしまいがちですがスマホ本体の左のフチを3D Touchでぎゅっと押し込んでみてください。

マルチタスク画面になりましたね。(何年もiPhone6Sを使っていましたが私は気付きませんでした。。)

Assistive touchのホームボタンでも可能ですが、まさかここからできるとは!

iPhoneを落としてしまった時もそうですがどこかが壊れたら他の機能で補えるのはいいことです。

壊れた箇所を補おう

もしスマホを落としてしまってホームボタンの調子が悪く感じたらAssistive touchを出しておきましょう。
無理に緩んだホームボタンを使うとケーブルにダメージがあるかもしれません。

落とした衝撃でホームボタンを裏から固定しているネジが外れてしまう場合もあります。
外れたネジは通電状態の本体の中をコロコロ転がって基板に思わぬダメージを与えてしまうかもしれません。

そんな時はお早めに修理へ。ifc立川店にホームボタン修理も任せくださいませ!