そういえばガラスコーティングってどんな仕組みなんだろう

まず、ガラスコーティングはどんなものなのか触れてみたいと思います。

ガラスコーティングの強度の仕組み

ガラスコーティングはナノ化したケイ素(ガラスの素)が石垣のように積み上がってできています。

ガラスの板が出来るのではなく、石垣状に組み合うことで強度を発揮しています。
(一度の施工で18層のガラスの石垣が出来上がります)

またナインカラットのガラスコーティングは、塗る土台に付着しガラスコーティングだけが剥がれることはありません。

下地に別のコーティングやメッキ塗装がされている場合、それらが剥がれるとガラスコー ティングも一緒に剥がれる形となります。。

一度目のコーティングでも滑らかさは充分実感できますが…

もう一度施工したらどうなるのかということで2~3週間経過し硬度が安定してきた頃にもう一度施工をしてみました。

先ほどのガラスの石垣のお話でいうと18層が36層になるということでもあり期待してしまいます!

再度、施工してみた結果

つやつやで指通りがなんとも滑らかになった感じがしました…!!

艶やかさも文句なし!指紋の跡など汚れ落ちも相変わらずの良さといったところです!

お客様の中には1年程度での再施工ではなく、3ヶ月に一度などで再施工する方もいらっしゃいます。

なるほどなといった感じです。。

これは癖になってしまいそうです。

少しでも興味をもっている方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

(個人の感想ではありましたがご参考になればと思います)

iPhone修理のアイエフシー立川店は、立川駅南口から徒歩1分のところにあります!
営業時間10-19時
毎週木曜日はお休みなのでご注意ください!