先日、iPhone5sのバッテリー交換を承りました。

お預かりした時にはすでにバッテリーの劣化が激しく、膨張していて
電源を入れてもその場ですぐに切れてしまう・・・という状態でした。

こちらはiPhoneのバッテリーを2つ並べて撮影したものです。
写真を見ると一目瞭然、左側のバッテリーが膨張しています。

膨張したバッテリーの起こす影響とは・・・

膨張したバッテリーが液晶ディスプレイや背面パネルを押して
本体との間に隙間を作り、それが歪みの原因となります。
更に、隙間が開いているということはそこから雨が入り込んだり、
うっかりこぼした水で水没しかねません。

しかし、それ以前に膨張したバッテリーは発火・破裂する危険と隣り合わせです。

【“スマホ”扱い間違うと・・・電池パック破裂や発火も】

「こんな時はすぐにバッテリー交換を!」
・残量があるのに突然、電源が落ちる
・充電中に本体がとても熱くなる
・劣化による膨張のため、液晶のガラスが浮いてくる

このような症状が見受けられるような場合は、
危険なので早めにバッテリー交換をしましょう!

iPhoneバッテリー交換時期の目安

・使い始めて1年以上経過している
・バッテリー消耗度が80%を切っている
(iOS 11.3以降「設定」➡「バッテリー」➡「バッテリー容量」で確認可能)
・電池の持ちが悪くなってきた
・充電ができない
・電源が入らなくなった

こういった症状があればそろそろバッテリー交換の時期です。
参考にしてみて下さい。

まとめ

新型のiPhoneは年々値段も高くなってきています。
なかなかすぐには買い替えづらいですね。
バッテリー交換でリフレッシュさせてあげればまだまだ使える機種もあるので、
ぜひ大切に扱ってあげてください。

iFC立川店では、データそのまま・即日対応可能です。
iPhone修理はiFC立川店にお任せください。

店舗iPhone修理のifc(アイエフシー) 立川店
住所〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-3-3 櫻岡ビル1F
立川駅より 徒歩1分
ジーンズメイト立川店向かい
TEL042-649-2143
営業時間10:00~19:00 (木曜定休)